ニューモデルのディスカウントは難しいです。ニューモデルの場合、放っておいても売り払えるので、クリエイターも安易にディスカウントはしてくれません。ディスカウントは多ければ多いほどうれしいですが、ニューモデルの場合、あからさまに無理な値段を言ってもダメです。常識的に考えてニューモデルに関しては、破格値引き総計は駄目と考えるべきです。ニューモデルの値引き交渉する前には、大体の相場を把握して置き、リミットディスカウント総計やマークディスカウント総計を知っておくことが大事です。市価となる総計が基準となるディスカウント額になるので、目標額とかけ離れたディスカウントを要求しても落っこちることになります。また、顧客は者なので、横柄な行動で接してはいけません。日毎、ノルマに追われて本当な営業からニューモデルのディスカウントをするのは、並大抵ではありません。それでは、仲良くなるためにも感じ良く当たることです。そうして大事なことは、では車両自身額のディスカウントからして、後々、そのディスカウント額に納得してから、オプションのディスカウントへという混ざることです。混合して交渉するという、ニューモデルのディスカウントは難しくなります。このようにタイミングを抑えれば、ニューモデルの値引き交渉はほとんど耐え難いものではありません。http://iflastandards.net/