自家用車を売却したときの経理上の対応というのは、庶務コンサルタントにとってのなやみどころであるといえますが、一般的にいって、自家用車を売却するのが個人であれば、そのことによって得られた儲けは売却報酬として計上浴びるものの、企業の場合については、既存リソース売買損益の設問を以て仕訳をすることになります。こういうときの売買損益は、売買価格から帳簿価額を差し引いたものとなりますが、自家用車には財務省令による法定耐用歴史が決まっていますので、帳簿価額は減価償却をした上で割り出したものとなります。これが単純な売買の場合ですが、自家用車下取りに出すときについては、ある程度風土が異なり、元々持っていたものを売却し、新しいものを購入するという、二重のセドリを行っていることになりますので、自家用車下取り価格が売買価格ということになります。そのほかに、自家用車の取得の奴にあたって、その主役の価格や診断申請代価、重み租税や習得租税などの公租公課、自賠責掛け金、融資費用などをあわせて計上することになります。ハリアー買取相場と下取り査定価格の情報