女性には生理や年齢などホルモン均衡の揺らぎ期があり、体臭が高じる場合があります。
生理の際の香りは放出された血が酸化して発生するものです。また性器四方は汗をかき易く、ナプキンを散々当てているとバクテリアが増殖行なう。バクテリアは血や汗に含まれるタンパク質を分裂して香りを発生させます。
生理ミドルの母親の臭い対処は、通気性の良い生理限定パンツと、吸水性と通気性に優れたナプキンによる事です。また、ナプキンやタンポンは3スパン程度の間隔でまめに交換するように行なう。性器周辺の小ぎれいを保つことは必要ですが、入浴の際、洗い過ぎると炎症を起こす場合があるので、注意が必要です。ワキガの人物は生理が近づくと、普段よりも香りが強まる傾向があると言われています。この場合は制汗スプレーや軟膏などを利用するか、原因となるアポクリン腺を除去する手術の手立てもあります。
更年期になると閉経によってホルモン均衡が壊れ、多汗症となる場合があります。行動などの汗と異なり、べた付いてアンモニアを含んであり香りを発生させます。40費用後半の母親の臭い対処は、常々入浴して、望ましい発汗を促すようにする事です。https://xn--eck7a6c784vy6me38c.jp